脂肪注入法

太もも、お尻、お腹など余っている不用な脂肪をとって胸に注入する方法。

・自分の脂肪なので拒否反応がない。
・注射器で注入するので傷が残らない。

バストアップができて余分な脂肪もとれて一石二鳥にみえますが、
実際には注入した脂肪の多くが体内に吸収されてしまうため、大きな豊胸効果が見こめません。
個人差もありますが生着率(バストとして残る率)は一般に3割〜5割くらいといわれています。
美容整形医療の技術も日進月歩で、生着率がさらに高まれば豊胸術はもっと身近なものになるはずです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。