バストが成長するために

女性の乳房を膨らませるもの

卵巣から分泌される卵胞ホルモン、エストロゲン(女性ホルモン)が皮下脂肪を増加させ女性らしい丸みのある体型をつくります。

8〜10歳ごろ下垂体から性腺刺激ホルモンで卵巣の卵胞が発育。卵胞ホルモンの増加。乳腺組織が発育を始める。
13〜14歳の思春期に卵胞刺激ホルモン(性腺刺激ホルモンの一種で男女とも分泌)の分泌が増え、女性は卵巣が刺激され卵胞が成熟。結果、卵胞ホルモンが増加し、女性器、乳房が発育する。成長は18〜20歳くらいまで。

この大事な時期にホルモンの分泌が悪かったり、
ホルモンの主成分であるコレステロールの摂取が足りないと乳腺が発達しないことがある。
女性ホルモン分泌が盛んになり、女性としての身体がつくられるこの時期にどう過ごすかがバストの成長には大事なんです。遺伝的なものもあるんでしょうけど。

悩みなどの強いストレス
頭を酷使する
体を酷使する

それによってホルモン分泌が悪ければ
バストの成長にも影響するというもの。

女子高生が過剰なダイエットしていたり…

ダイエットはいつでもできるけど自然なバストの成長はこの時期だけですからね。

コレステロールの摂取が足りないとホルモンの分泌が悪くなることについて、
現代の日本ではこれは問題にならないかも。
むしろ、食の欧米化は乳がんの増加、若年齢化をもたらすという大きな問題があります。

バストアップ睡眠法
PM10時〜AM2時までの時間は1日のうちで最も成長ホルモンが分泌され新陳代謝が行われる時間帯。
この時間帯にしっかりと睡眠をとることが将来の美乳のために大切です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。